1800年代: ポーカーの起源

。フランス人が自国のゲーム「ポークー(poque)」をニューオーリンズに持ち込むと、そのゲームは瞬く間に、ミシシッピ川を介して、ルイジアナ州からミシシッピ州へと広がった。当時一般的だった、悪名高い繰り返しがつきもののゲーム「3カードモンテ」に飽きていたギャンブラーたちは、この新しいカードゲームに熱い関心を寄せた。多くのギャンブラーは、この新しいゲームを、3カードモンテよりも誠実なゲームであるとみなしていた。ギャンブラーの中には、自分たちがプロであるという印象を——実際にプロだったかどうかを問わず——醸し出して、他のプレイヤーを怖気付かせるために、あえてスーツを着た者もいた。1834年、ジョナサン・H・グリーンが、『ギャンブルの技と苦難の暴露』と題した自身の本の中で、「ポークー」を「イカサマゲーム」と呼んだ。グリーン氏は自著の中でこのゲームについて論じ、正式に「ポーカー」という名前をつけた。こうして、ポーカーはアメリカで公式に誕生し、すぐさまギャンブラーたちの間で支持されるようになったのである。

ニュース