西暦1915年 :テキサス・ホールデムの起源

ポーカーの研究家たちはこのゲームが1915年か1917年頃にテキサス州ロブズタウンで始まったと結論づけた。年代が不明確なのは、ゲームを作ったブロンディ・フォーブスの人生が同じくらい疑わしかったからだ。フォーブスは長きにわたるプロのギャンブラーで、伝説の人となったため、1980年にポーカーの殿堂入りをした。フォーブスはテキサス州でスプリットポットとローボールが急増した後にホールデムを作った。彼はプレイヤー間でシェアされるコミュニティ・カードを使ってゲームの前置きに一味添えることを期待していた。しばらくの間、テキサス・ホールデムは、控えめだが熟練したギャンブラー達で溢れたロブズタウンに限定されたものだった。1925年の時点でダラスまでにしか広がっていなかったが、そこではすぐに人気になった。

しばらくの間、このゲームは一級ギャンブラー、特にクランデル・アディントンという名の男の管轄だった。アディントンはゲームの初期のバージョン、エースがローカードだった時に初めてこのゲームを見た。彼の後の話によると、当時このゲームはテキサス・ホールデムとしては知られておらず、ただのホールデムとして知られていたと言うが、ゲームの地方色のあるエッセンスとアディントンのクールな外見が伝わってくる。クランデルはゲームを見た時、ギャング・バスターの間で流行すると確信し、実際にそうなった。彼が未来の人気を確信した理由の一つは、テキサス・ホールデムはドローポーカーに比べて賭け金が2倍ということだった。その他のホールデムの有名なプレイヤーにはドイル・ブランソンやアマリオ・スリムがいる。