西暦1842年: 公共の場でのルーレット

この年、すべてが変わりました。フランソワとルイ・ブランは「0」の目があるルーレット盤を作りたいと決断しました。彼らはモナコ国王シャルルのために決断したのです。これは単に、ゲームでハウスがもう少し有利になる方法を提供するためでした (基本的に数字が多ければ負ける確率が高くなります)。シャルル国王はちょっとしたギャンブル好きで、モナコのモンテカルロにカジノを建設することに決めました。彼の目的は単純にモナコ王室財源により多くの収入をもたらすことでした。

ルーレット盤はすでに実在し、この時代以前にギャンブルに使われ始めていましたが、ルーレット盤に「0」が現れたのは1842年になってからでした。

これはハウスに有利をもたらすので、大きな問題でした。この件すべてに加え、シャルル国王がこのカジノを建設したと同時にフランス法でギャンブルは違法となりました。したがって、モナコはギャンブルをするのに魅力的な場所となり、その魅力は現在までそのまま続いています。この運命的な時代以来、モナコは洗練されたギャンブルと関連付けられています。ルーレット盤がこの件すべてに果たしてきた役割は非常に大きなものでした。

ほぼ同時期に、ルーレット盤は海を渡ってアメリカへ伝わることになりました。アメリカ人はこのルーレット盤を気に入り、自分たちの好みに合うようにこのテーブルゲームを少し取り入れました。テーブルにダブルゼロ (00) を追加し、ゲームの確率をさらに高め、テーブル スロット合計数は37になりました。これはルーレットの歴史の大きな部分を占め、これはすべてアメリカがルーレットに及ぼした影響によるものです。

この点は数世紀に渡って大きな論争の的となってきました。ヨーロッパ人はシングルゼロ (0) のが好ましいと主張し、アメリカ人はアメリカ式テーブルの方がプレイするのに優れていると主張することがよくありました。裕福な人々が世界を旅してギャンブルをしたい場合、彼らは単に両方のテーブルで良いにしろ悪いにしろ与えられた勝ち目でプレイを楽しむでしょう。この件の中心にあるのはちょっとしたライバル意識でした。ヨーロッパ人は彼らのテーブルが公平で、アメリカ式テーブルは「八百長」で不正ゲームだという主張を保っています。